魅力に関して

温かみと優しさ

ちゃぶ台

ちゃぶ台の魅力はなんといっても、そのフォルムです。
円形のテーブルになっているので、どこかしら温かみと懐かしさを持っています。
そのため、和にこだわっている人にとっては重要なアイテムとしてちゃぶ台は今でも人気です。
近年は住宅事情として洋風のものが多く、室内のインテリアに関しても同様に洋風のデザインに仕上げているような部屋が多いです。
住居に合わせ家具選びをすることは基本ですが日本人としては和にこだわるのも変なことではありません。
ちゃぶ台の中にはどのような住居でもマッチするようなデザイン性に富んだものも存在しているので、選ぶ楽しさがあります。
ちゃぶ台の選び方としては、木目の風合いをしっかりと確認することが重要です。
流通している商品の中いは合板などを利用しているものもありますが、できるのであれば一枚板で作られているタイプを選ぶようにしてください。
また、その他にもカラーリングで選ぶ方法もあり、ウレタン塗料を用いて耐久性を高めているものや、オイル塗料を施しているものもあります。
これによって、より自然な仕上がりとなっているので、部屋の雰囲気を壊すことなく利用することができます。
また、一人暮らしの部屋であれば、脚を折るタイプのものを選ぶと使用しない時は片付けておけるので、部屋を広く利用できることもメリットです。
このように最近のものはデザイン性や機能性に優れているので、一度利用している価値があります。

狭いお部屋でも楽々

和室

ちゃぶ台をご存知ですか。
昭和初期の庶民の暮らしを洗わしているドラマなどを見ていると家族団欒の場に登場するダイニングテーブルがちゃぶ台です。
ちゃぶ台は大体は木製で円形をしていて、脚が4つついている物が主流です。
また特徴としては4つの脚が畳めるようになっているので、食卓を囲む場合には脚を出し、使用していない時間は脚を畳んでどこかに収納しておく事ができます。
それ故、狭い部屋でも、食事の時はちゃぶ台をだし、それ以外の時間は片付けておいて部屋を広く使うことや、寝室として使うことができるというメリットがあります。
それまでの日本の食卓といえば、お父さんが上座、女性が下座に座るというようなルールがありましたが、ちゃぶ台は円形なので上座、下座、というコンセプトがなく、日本の食卓に新しい旋風を巻き起こした、といっても過言ではないでしょう。
やがてちゃぶ台は日本の住居の欧米化などにより、徐々にその姿を消していきますが、昨今小さめなワンルームアパートなどにお住まいの方を中心に、再び脚光を浴びてきています。
畳めて収納が可能な上、必要な時にはダイニングテーブルとして利用することや、勉強机としても利用できるという汎用的な点は優れものです。
また持ち運びができるので家の中だけでなく、屋外に持ち出す事もでき、重さも軽量なのでお子さんでも持ち運びする事ができるのが便利です。
狭い日本の住居を上手く有効活用するにはちゃぶ台の様なコンパクトな家具は有り難い存在です。

家族団らんの象徴として

室内

ちゃぶ台は、食事をとる時などに使う主に円形の座卓のことです。
足は四本で、折りたたみができるようになっているのが特徴です。
四角いものや折りたたみができないものもありますが、ちゃぶ台と聞いて多くの人の頭に浮かぶのは、丸くて使わない時は部屋の隅に立てかけておくことができる便利な座卓です。
ちゃぶ台の語源や当て字については諸説あり、確かなことはわかっていません。
また、ちゃぶ台が私たち日本人の暮らしの中で一般的に使われるようになったのは明治時代後半のことで、それほど古い歴史があるわけではありません。
ちゃぶ台は、西洋人が食事の際に使っていたテーブルを日本の住宅事情に合わせて改良したものです。
短い足で背の低いちゃぶ台ならば、畳の上に座った状態で使用することができます。
伝統的に個人ごとの膳の上に料理を載せていた日本人にとって、複数の人がひとつの卓を囲む食事の形は初めは考えられないものでした。
しかし、昭和の初期にかけて、ちゃぶ台は徐々に私たちの暮らしの中に浸透していきました。
高度経済成長とともに家庭に普及していったダイニングテーブルに取って代わられる1980年代まで、ちゃぶ台は日本の家庭の中心にありました。
昭和を舞台にした映画やドラマなどでは、大勢の家族がひとつの卓を囲む団らんの姿をよく目にすることがあります。
現代を生きる私たちにとって、ちゃぶ台は古き良き時代を懐かしむと同時に、この社会でともすれば忘れがちになる人と人のつながりの温かさを想起させてくれる存在でもあります。
そんなこともあって、最近ではちゃぶ台の良さが再び見つめ直されています。